ペヤング プラス納豆

右か左か
言葉か心か

夢か希望か
恋か愛か

八戸モータース
サムライキャットです。


職場の方から
いただいたカップ焼きそば
「ペヤング プラス納豆 」


納豆好きのサムライキャット
何気に超うれしい
ありがとうございます。

開封
スタンダードのペヤングの具に
ひきわり納豆の乾燥したのがプラスされてます

※後入れなので、ご注意ください

熱湯を入れ3分後
お湯を捨てソースを絡めて
いざ、納豆


全体に混ぜて
完成




香りは僅かながら納豆の風味
ただ、実際食べてみると


想像以上の納豆
本来のペヤングの味がわからなくなるほど
主張の強い納豆

舌触りは粘り気もあって
乾燥した「かやく」としての納豆とは程遠く、しっかりした本格的な味わいに脱帽です。

完食して
ただ純粋に言える真理がある
納豆好きとしては「絶品」

「肉のモリタ」 八戸市根城3丁目

クリスマスプレゼントで悩む全ての皆様へ

八戸モータース
サムライキャットです。


ちょっと前のことですが
去年のクリスマスイブ

嫁の受付嬢にクリスマスプレゼントに
何がいいかと 考えて考えて考えて
たどり着いた答えは「いい肉」

どこで買おうか 考えて考えて考えて
ひらめいたのは
八戸で名高い「肉のモリタ」


初めて肉の専門店に
緊張するクリスマスイブ

入店すると
店主さんが優しく笑顔で
「いらっしゃいませ」

なんだかホッとするサムライキャット

メニューです








さすが肉屋さん グラムでの値段
肉屋さん初めてで
よくわからず困っていると
丁寧に対応してくれた店主さん
とても嬉しかったです。

受付嬢は焼肉が好きなので
奮発して国産最上カルビと牛タンをメインに注文

焼き方などアドバイスをいただきました!

さすがクリスマス
チキンが!




チキンはクリスマス限定とのこと
店主さん曰く
スーパーマーケットは蒸してるけど、肉のモリタではしっかり焼いてるとのこと。

値段を聞いたら想像よりも良心的な値段でビックリしました!

基本的に予約制とのこと

来年のクリスマスは予約することを決意したサムライキャットでした。


ちなみに買った肉は
その日の夜に焼肉に
絶品でしたよ♪

びっくりドンキー 八戸城下店

常に あなたのそばに

八戸モータース
サムライキャットです。


娘が産まれてから
初めての「びっくりドンキー」


嫁の受付嬢は、チーズバーグディッシュの大ファンなので、嫁の喜ぶ姿に冥利に尽きる1日となりました。

2年ぶり? くらいなのに
ハンバーグを注文しないサムライキャット


「ビバ!ミートスパ」786円 (613カロリー)


このステキなデザインの粉チーズをふりかけて


いただきます!


これ食べたの何年ぶりだろ?
当時の味よりも格段に美味しくなってる!

そしてこちらは おかず
「びっくりフライドポテト」386円 (673カロリー)


熱々のフライドポテトの美味しさが
高カロリーを撃破する・・・

こちらは子供用のメニュー うどん


値段は忘れましたが
うどん好きの娘はモリモリと食べてましたよ


お店に入店すると
小さい子供連れのファミリーが何組もいて安心感があります。店員さんも馴れているせいか、子供用の椅子を用意してくれました!

とても助かりました。 
ありがとうございます、店員さん

レストラン絵馬「うま馬定食」道の駅しちのへ

スタッドレスタイヤは
自分に合うか否かである
値段じゃない

サムライキャットです。


道の駅しちのへ「レストラン 絵馬」でお昼




メニューはレストランの割には少なめかな

これうまそう!


券売機を経て、店員さんに注文

ご説明すると
左から
嫁の受付嬢mocchan・娘・オイラが注文したメニューの順となります

店内はさすが道の駅の食堂です。
お昼時で混んでましたが、小さい子供連れでも入りやすく、広い空間が素敵


メニューが少ないせいなのか、混んでても意外と早く届きました
「うま馬定食」950円

※メニューの陳列では「馬うま定食」でけど券では「うま馬定食」(笑)

いただきます!






これは本当に絶品!!
とてつもなく美味しいっ

馬肉の風味と少し濃い口の汁のせいで
ご飯を無意識に欲する
なんという表現力!
スゴイ

卵入りのトロロが付いてきますが
入れるのがもったいないくらい旨い

以前食べた馬肉ラーメンも美味しかったけど馬肉の旨味を味わうなら、定食の方が数段上かな!
以前の馬肉ラーメンの記事→馬肉ラーメン

950円と定食としてはお値段がしますが絶品でしたよ♪


こちらは受付嬢の
「絵馬バーガー」400円

クセがなく万人向けしそうな味わい

写真はないけど娘用の「天うどん」
天ぷらはオイラと受付嬢食べて、うどんを小さく切りながら食べさせました。

娘はとっても美味しそうに食べてましたよ♪

『解説 ペリリュー島を訪れる前に』   


この悲劇が二度と繰り返されないことを願って

サンキュウボウヤです。


新婚旅行で、ペリリュー島に慰霊に行きたいと言ったら、妻に一度却下されたのですが
綺麗な海があるところだと説明したら、許可されました。

っという事で、日米の精鋭が激突し、たくさんの死傷者をだしたペリリュー島へ行くことが出来ました。


最初にペリリュー島での戦いを簡単に説明します。

1941年12月8日未明
日本海軍による真珠湾攻撃で始まった日米戦争。
(そのまえに日中戦争で、米国が中国を支援してた時点で戦争してたとも思えますが)

米国からの石油禁輸に対し、東南アジアのオランダ植民地を侵略し石油資源を手に入れようと
始めた戦いで、数か月で、フィリピン、東南アジアを占領。
パプアニューギニア・ソロモン諸島まで勢力を広めていきました。


日本海軍は、アメリカ太平洋艦隊と決戦するために兵力を蓄えましたが
補給路を維持するという概念がなく遠くまで伸びた補給線を維持することが出来ませんでした。

そして、ガダルカナル島やパプアニューギニアを巡る戦いで、
多くの航空機や艦船を損失してしまった日本海軍は
決戦場としていた、マーシャル諸島のタラワ島、マキン島にアメリカ軍が現れても
十分な戦力を出すことは出来ず、玉砕を続けます。


<太平洋の島々を巡る戦い・期間と死傷者数>

ペリリュー島解説

ペリリュー島がなぜ激戦だったかというと。
上の図を見てもらうと分かる通り、兵力の割に長期間に渡って戦いが続けられた事にありました。

隣の島のアンガウル島もサイパン島やグアム島よりも長い日数戦いを続けています。


先のサイパン、グアムの戦いで日本海軍は壊滅して、艦船や航空機の支援を受けることがありません。
増援もないし、撤退も出来ない、そんな中、なぜ長期間に渡って日本軍は戦う事が出来たのでしょうか?


陣地構築を指揮を取った村井権治郎少将
DSCF2526.jpg

日本陸軍では、島の防衛にあたり洞窟陣地を構築し
上陸してくるアメリカ軍を島の中へ引き込んで戦う事を考えていました。

タラワ・クエゼリンでは陣地構築の余裕はなく、サイパン島・グアム島では
上陸地点に全力で火力を投入する水際で戦う構えを取ったために、艦船や航空機で
陣地や兵器を破壊されてしまい、すぐに玉砕してしまいました。

村井少将は、陣地構築のプロという事で、陸軍の方針どおりに洞窟陣地を作る事で
激しい艦船からの砲撃や航空機の爆撃に耐え兵力を温存する事が出来ました。


そして、バンザイ突撃のイメージが強い日本軍ですが
自殺的な突撃による玉砕を禁止し、持久を徹底されていたのも
戦いが長期間に渡った要因と言われています。





冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ