FC2ブログ

風船爆弾発射場跡視察


評価されるのは、
判りやすい結果だけだ


サンキュウボウヤです。

千葉県は一宮町にある、風船爆弾発射場跡地に行ってきました。

昭和19年、アメリカを相手に日本がどうにもならんくらい負け戦をしていた頃、

アメリカ本土に打撃を与えるために、

福島県、茨城県、千葉県の太平洋岸から
気球に小型爆弾と焼夷弾を搭載した風船爆弾が発射されていたという

DSCF9991.jpg


解説はこちら
DSCF9992.jpg

ふむふむ


アメリカは
レーダーを駆使して、戦闘機による迎撃も行ったとか

いったい、どれだけ爆弾がアメリカ本土に着弾し、
どれだけの戦果だったかは、不明


詳しくはWikipediaを参照してくれ




こんな事して何になる!って思う感じですが


これは大陸間弾道ミサイルの発想ですな。

もし、これが生物化学兵器や核爆弾を搭載したら

大変な事になりますね。

って考えれば、おっかねー兵器。




同じ場所には、
幕末に一宮藩が、外国船に対抗するために
沿岸砲台を置いていた場所という記念碑もありました。
DSCF9994.jpg


DSCF9993.jpg

ふむふむ

千葉県、一宮町は日本の守りの最前線だったんですね


この周囲を散策して、
米軍によるコロネット作戦が発動されなくて
良かったなって思いました




空母加賀を解説せよ① 八八艦隊で計画された”戦艦”加賀

※あくまでサンキュウボウヤの考えであって
これが事実とは限りません。特に解説や例えが、おかしなことになっている場合があります



八戸モータース軍事顧問
サンキュウボウヤです。


代表より、空母加賀を解説せよ
と命令が下りましたので 
解説いたします。

kaisetukaga.jpg


空母加賀は、元々は戦艦として設計された艦船であります。

そいつが、なんで空母になったんだよ?って事で
話は長くなりますが、以下の流れで解説するよ


①八八艦隊で計画された”戦艦”加賀

②戦艦建造競争とワシントン条約

③未定

④未定

では、サンキュウボウヤが独断と偏見により解説いたしましょう。



①八八艦隊で計画された”戦艦”加賀


八八艦隊とは、日露戦争後、大国アメリカを仮想敵国として計画されたもの
その中に、加賀も含まれており
最初は、”戦艦”として計画されていました。。


~そもそも八八艦隊とはなにか?~

大国アメリカを相手にした時、どう対抗すれば良いか?
日本海海戦で大国ロシアのバルチック艦隊を撃破した東郷平八郎が
考えた思想で

防御力が優れるが速度の遅い戦艦8隻
防御力がないが速度の速い巡洋戦艦8隻を
整備しようというもの


日本海海戦前の海戦は、こんな感じ

koutetsunojidai.png

デカイ主砲なんて当たらない、小型の砲と撃ち合いと
激突による攻撃が当たり前だったんですね。


でも、それが・・・

日露戦争で、日本の連合艦隊とロシアのバルチック艦隊が戦った日本海海戦

88fleetimpren.png

砲の精度向上と、日本人が大好きな訓練で
主砲を遠距離から当てられるようになるって事が実戦で判った。


ちなみに、なぜ8隻づつか?っと言われると
trairrer.png
※学習研究社 歴史群像太平洋戦史シリーズ⑬翔鶴型空母 遠藤昭氏八八艦隊を参照


とういう事が、日本海海戦の結果から考え出された

ならば、新鋭の戦艦8隻と巡洋戦艦8隻を揃え、交互に戦えば
大国アメリカ海軍と対抗出来ると考えた


こんな感じ
88fleetimpre2.png



この八八艦隊の構想時に、予想されていたか判らないけど
艦船の大きさ、速度共に劇的に進化していった。
こんな感じ
bodyspeedhikaku.png

これは、ただでさえ、金のかかる戦艦の建造が
今までより、何倍もお金がかかる事になるという事でもあった。


っと、加賀が建造されることとなった八八艦隊計画はここまで


次回は、②戦艦建造競争とワシントン海軍軍縮条約です。
お楽しみに


空母対決!! 準備中。

決戦はパラオ近海
サンキュウボウヤです。


最近、サムライキャットから、旧海軍の艦船について
問い合わせがな何件か来ております


hiryuaircraftcarrier.jpg

っという事で、


航空母艦飛龍は、蒼龍型航空母艦の2番艦として建造されたのだが

艦船のバランスを保とうと、右舷前方に寄っていた艦橋を
左舷中央部に変更した結果

航空機の離発着がしずらいという
航空母艦として、「元も子もなくしますよ閣下」(声ムスカ)的な失敗作なのであります。


それはいいとして、
日米しか空母同士で対決したことがないという事で、
もっと解説を求められているのですが

どう解説したらいいか、
ここ数日考えているのだが

まったくまとまる気配がないのだった

aircraftcarrier.jpg

航空母艦(空母)について サンキュウボウヤの軍事教練②

総員退艦!
サンキュウボウヤです。

えぇ 前にも述べたとおり
サムライキャットから送られてきた、航空母艦赤城の画像。
koubo.jpg

空母って、狙われてやられるだけじゃないか!(声サムライキャット

っという事で、説明させていただきます。


うん、確かに写真が送られてきた空母赤城は
ミッドウェー海戦で爆弾2発しか食らっていないのに沈没しました。

っというのも、弾薬を搭載し燃料満載な航空機を出撃させようとした矢先
爆弾を食らってしまったので

自らにダイナマイトをくくりつけてしまった状態にガソリン被って
ライターで着火したような状態だったんですね。

これでは、どんなに頑丈な船でも沈んでしまいます。


ミッドウェー海戦では、赤城を含め加賀、蒼龍、飛龍も
同様の状態で沈んでいるので、日本の空母は防御力がない
っと思われがちですが

アメリカの空母フランクリンも、航空機燃料と弾薬誘爆で
艦を放棄しなければならないところだったんですよ

1280px-Attack_on_carrier_USS_Franklin_19_March_1945.jpg

フランクリンは、圧倒的な制空権の中でしたから、無事に基地に戻り修理する事が出来ましたが
赤城は、敵の制空権下で満足に応急処置を取ることも出来ず、味方駆逐艦の魚雷で処分されました。



そもそも航空母艦というのに手厚く装甲を張ったところで
飛行甲板に燃料と弾薬満載の航空機がいますので、

”攻撃力によって守る”しかないんですね。
機動戦士ガンダムに出てくる
シャア大佐も「当たらなければどうという事はない」っと言っています。


日本の空母部隊は少数の”零戦”の攻撃力と
貧弱な艦艇の対空砲火と人間の目というレーダーで守られていました。

アメリカの空母部隊は、圧倒的多数のF6Fヘルキャット戦闘機と
強力な艦艇の対空砲火、レーダーという機械を使い守られていました。


日本との空母決戦で勝利したアメリカ軍も空母をどうやって守るか
頭を悩ませていたようですねぇ
そんな、貧弱な空母を守るために、戦後に出来た兵器を紹介するよ

E2ホークアイ 早期警戒機
E-2C_Hawkeye_landing.jpg
巨大なレーダーで、空母に接近してくる航空機を監視、迎撃を指示します。
中〇も、早期警戒機を持っているようだが、
米軍機や自衛隊機に勝手に接近してくるようなパイロットが、
指示にしたがって飛ぶかは不明である


射程100㎞以上のAIM54フィニクスミサイルを搭載したグラマンF14トムキャット
dd6fd8b1.jpg
敵性航空機に背面飛行で近づき、〇指を立てて、ファッ〇と言って挑発する能力があります。

その行動と、教官がコーヒーを飲むのを妨げたことから、退役となりました。


ソビエト軍の巨大対艦ミサイルから空母を守るために建造されたイージス艦と
垂直発射装置から発射されるスタンダード対空ミサイル
984792fe.jpg

ソビエトがいなくなって、存在理由がなくなったところを
無理矢理日本に弾道ミサイル迎撃の研究としてお金をださせて
弾道ミサイル迎撃兵器として存在するイージス艦

北〇鮮のノ〇ンは、発射から着弾まで6分から7分
飛んでくるのが判ってる場合だと迎撃出来たらしいけど

弾道ミサイルを、いつ、どこから発射するかを教えてくれる
バカは、どこにもいない。

ちなみにアメリカはイージス艦などなくとも
弾道ミサイル発射基地を爆撃してしまう。


航空母艦(空母)について サンキュウボウヤの軍事教練

旗艦正規空母赤城
サンキュウボウヤです。


FaceBookのメッセンジャーで以下の電文が送られてきたぞ


発 八戸モータース代表サムライキャット
宛 サンキュウボウヤ
この画像について説明されたし
koubo.jpg


これは、大日本帝国海軍航空母艦『赤城』ですな

なんで、判るかって?
航空母艦なのに艦橋が左舷にあるからよ


艦橋が左舷中央にあるのは、赤城と飛龍ぐらいなわけヨ



多数派は右舷です。

蒼龍(日本)
IJN_Soryu.jpg

ラングレー(アメリカ)
USS_Langley_CVL-27.jpg

イラストリアス(英国)
HMS_Illustrious_(AWM_302415).jpg

葛城(日本)
Katsuragi_(AWM_099798).jpg

ん?この流れで行くと

冬月(エヴァンゲリオン)
huyutuki.jpg
こうですね。

判る奴だけ 判ればいい




ってなことで、
なんで、左舷中央の艦橋配置がダメダメだったのかを教えるとしましょう


rikanakagi.jpg

cyakkanakagi1.jpg

cyakkanakagi2.jpg


そういう事だ、

これで、左舷中央配置の艦橋が、なぜダメダメなのか
お判り頂けたかと思います(声:池上さん





冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ