アメリカンなヴァンガード 【八戸モータースカーミーティング】2013.09.28

他のヴァンガードとオーラが全然違う
まさか
まさか これは・・・
サンキュウボヤです。


Vanguard.jpg

今回は、ヴァンガードです。
しかも、内外装の後付けパーツが”手作り”です。

基本ノーマルが好みな八戸モータースですが
このクルマからはオーナーさんの気合がとても感じられて
感動してしまいました。


まずは、ヴァンガードとは
イギリス海軍最後の戦艦・・・のほうじゃなくて

”トヨタ自動車が販売するSUVである。「アクティブ&ラグジュアリー」、「高級SUV」をコンセプトに開発された。従来からある豪華な装飾だけを施こして高級を求める手法ではなく、「質」「機能」「装備」を高めて高級感を訴求した”(参照:Wikipedia)
とあります。輸出向けRAV4のロングボディをベースとしているので
日本で見かけるRAV4に似ているというか共通する部分があり
RAV4をベースにしたクルマと日本では言われていますが、
このSUVというジャンルは、もともと
”北米市場で売れる事を第一に考えられたクルマ”
になるので、ヴァンガードの廉価版がRAV4になると言える。



それでは、カーミーティング開始です。

オーナーさんへ 急なお誘いに来ていただきとても感謝です。




オーナーさんから手作りパーツの説明を受けるサムライキャット
DSC_5477.jpg

まずは、ステアリング(ハンドル)から
DSC_5479.jpg
有名なイタリアの部品メーカーMOMO社製のステアリングを
オーナーさんの手の大きさに合わせグリップの太さを変えたそうです。

素晴らしい(声:ムスカ
はい、もうムスカ出ました。(八戸モータースブログでは好評価を意味します)

やはり、運転中は常に触るもので
自分の意思をクルマに伝える部分になるので、
よりクルマと近くなりシンクロ率を上げるためには
自分に合うようチューニングするのは大事です。

その他、スペーサーも入れて、前後の幅も調整してあります。


次はシフトノブ
DSC_5480.jpg

ラリーのシーケンシャルシフトみたいな形状になっております。
ヴァンガードの2400㏄直列4気筒エンジン搭載を搭載車は
7速シーケンシャルモード付CVTで、
レバーを前に倒すとシフトアップ、手前に引くとシフトダウンとなっておりますが
ここも変更しまして
レバーを前に倒すとシフトダウンと手前に引くとシフトアップとなります。
(マツダとサンキュウボウヤが推奨しているやり方です)


それでは、内装パーツを見てみましょう
まず、目に飛び込んでくるのはメーターのメッキリングが
DSC_5492.jpg

青くなっています。


手作りのギャ○ソンエムブレム付ステアリング
DSC_5490.jpg


ドアの内張りも手作りです
DSC_5491.jpg
デッドニングもされており、音響の環境もバッチリです。


インパネ周り、ダッシュボードの内貼りも手作りです。
DSC_5512.jpg

結構大胆に手を入れているのに
えぐさのない、むしろノーマルより落ち着きのある雰囲気に仕上がっています。


ライオン!
DSC_5535.jpg


定番の室内のマップランプLED化
DSC_5631.jpg


次は外装チェック!

お!ボンネットにオリジナルのエムブレムがついてます。
DSC_5604.jpg


むむむ。グリルとバンパーのブラックアウト化で、ぱっと見 ”欧州車?”って思っちゃいますね。
DSC_5605.jpg


アイラインも手作りです。
DSC_5612.jpg


こんな感じです。
DSC_5537_201309282331486bc.jpg


クリーンディーゼルについてオーナーさんとサムライキャット
DSC_5611.jpg


リヤライトのレンズもブラックアウト化しています。
DSC_5687.jpg
なんか怪しい雰囲気をかもしだします。


そして、ボンネットの中もバッチリ決まっています。
DSC_5527.jpg


エンジンは直列4気筒ですが、エンジンカバーをV6仕様にしたいとかw
DSC_5526.jpg

バックドアには、しっかりV6って入っています。
DSC_5542.jpg


DSC_5505.jpg


ブレーキキャリパーも黄色くなっています。
DSC_5532.jpg


かっちょいいアルミホイール
DSC_5511_201309290038485bd.jpg
ホイールのインチアップは、デザイン的に良くないので
やらないそうです。
オーナー曰く、やはり本場アメリカのデッカイゴッツイクルマに
大径ホイールが似合うとの事。
サンキュウボウヤ、納得!


流行りのトップノットアンテナ、これは販売されてるものかな?
DSC_5504.jpg


給油口もドレスアップ!!
DSC_5624.jpg


暗くなってから
停車中に、LEDのアイラインも見せてもらいました。
DSC_5683.jpg
手作りアイラインに合うように、これまた手作りです。

BLIZのスロットルコントローラーも入っているそうで、
ちょっと体験させていただきました。
DSC_5589.jpg

CVT車特有の後から遅れてくる加速がなく、いきなり全力加速です。
最近のCVT車は加速力よりもフィーリング重視(最初、立ち上がりを遅く、後半に盛り上がるような設定)
なので、スロットルコントローラー重要ですね。


いやぁ
これぞ、クルマ好きのクルマって感じですね。
ドレスアップじゃなく、ちゃんと走りも考えれらている。
手作りG`sグレードのような仕上がりです。
熱いオーナーさんです。


DSC_5578.jpg
ガオァーー


最後に、手を加えた感が出てるクルマなので
煽られたりした時用に、こんなものが!
DSC_5496.jpg

車間詰めて煽ってくると撮影しちゃうぞ!って思ったら


DSC_5497.jpg
古いケータイ電話を張り付けただけの
ダミーだそうです。

WOW! 手作り感満載

アメリカ人はこういう手作りで自分だけ仕様を作るのが好きなので
声かけられたりしてw


コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ