「戦艦ミズーリ」サンキュウボウヤ ハワイ出張報告

大艦巨砲主義
サンキュウボウヤです。

ハワイ出張にて、真珠湾にある記念館「ミズーリ」を視察してきましたよ
DSCF1362.jpg

艦首に63と数字が記載されていますが
63隻目に計画された戦艦ということで
途中計画されながら建造されなかった未成艦も含めた数字になっています。


戦艦ミズーリはアイオア型戦艦の3番艦で
よく、日本の大和型戦艦と比較されますが、
アイオア型は、日本の金剛型高速戦艦に対抗するために建造されたそうで
大和型はアイオア型と同時に計画されたサウスダコタ級がライバルになるようですね。

【スペック】
1944年6月11日就航
全長 270.4m
全幅  32.98m
吃水  11.58m
最大速力 33ノット
乗員 1851名
兵装【1944年当時】
50口径40.6cm砲 9門
38口径12.7cm砲 20門
56口径40mm対空砲 80門
70口径20mm対空砲 49門


こちらがミズーリ自慢の16インチ(40.6cm)三連装砲
DSCF1325.jpg

射程は約38㎞と、八戸市のポートアイランドから撃って二戸市まで届いちゃう距離です。


戦艦ミズーリでは1945年9月2日に大日本帝国の降伏調印式が行われました。
降伏調印式が行われた場所は下の写真のようになっています。
DSCF1332.jpg

降伏調印式のときに、ペリー来航時のアメリカの国旗をわざわざ取り寄せたようです。
IMG_2085.jpg

あんたらが、日本を開国させなければ
日本は、あんたらに戦争なんかしかけなかったろうにね


露天艦橋
DSCF1356.jpg


航海艦橋 1番艦アイオアはこちらが露天艦橋となっていたようですが
後にミズーリと同じく閉じられた艦橋となり、上部に露天艦橋が出来たようですね。
IMG_2109.jpg


お!電話が
IMG_2107.jpg
「私はムスカ大佐だ。緊急事態につき私が臨時に指揮を取る」


航海艦橋のすぐ後ろには装甲司令塔
ドアもこんなに分厚い装甲!
IMG_2110.jpg


特攻機の衝突跡。甲板の縁が曲がっています。
DSCF1338.jpg
この船が日本と闘った船だというのが
降伏調印式の場所よりも伝わってくるものがありました。


艦内にあるミズーリに模型
DSCF1352.jpg
第2次世界大戦の頃は、航空機からの攻撃を防御するための
対空砲がいたるところに設置されていたようですね。

現在は、対空砲は12.7cm連装両用砲と後付されたCIWSが数機あるだけで
サッパリしています。


ミズーリを含めアイオア型戦艦の40.6cm砲は、他国の戦艦に向かって
撃たれることはなく、実戦では全弾陸上に向けて放たれました。
DSCF1330.jpg
砲塔の脇には湾岸戦争時に発射した砲弾の数が刻まれています。

戦艦ミズーリから発射された砲弾は、第2次世界大戦時に
室蘭市と日立市の工場と住宅地にも降り注がれています。。。

無抵抗なものに砲弾を発射して英雄気分とわ・・・


ただ、日本の戦艦を沈めるために
アメリカの技術を結集したこの戦艦は魅力的ですね!!

コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ