アルテッツアジータ【八戸モータースカーミーティング】


5パーセントの非日常と95パーセントの日常
サンキュウボウヤです。

今日は、中学生時代の友人ピンクパンサー氏がアルテッツアジータで来てくれました。

ジーター(声:パズー)

DSC_1961.jpg

このアルテッツアジータを買うときに
サンキュウボウヤに相談で電話が来たとき
「今しか乗れないな」
って言ったのを覚えています。


っていうのも直列6気筒でFRって、もう絶滅危惧種ですよね。

DSC_1947.jpg

これが、アルテッツアジータAS300の心臓
2JZ-GE(お!ヤマハチューニング!!)
排気量2997c (自動車税51,000円) 
220ps/5800rpm
30.0kg・m/3800rpm
無鉛プレミアムガソリン 
10・15モード燃費9.8km/L

直列6気筒は、エンジンルームの長さを食うから
最近は、室内の長さを優先して、V型6気筒を使うクルマしかないですね。

直列6気筒FRにこだわっていたと思われるBMWなんか
燃費効率の追求と室内確保のために直列4気筒ターボになってるんですもんね。。。


そんな事はどうでもいいとして、
ホント直列6気筒のスムースさといったらないですね。
キレイに回るフィーリング、気持ちがいいです。


DSC_1774-2.jpg

シートは、ホールド性を確保しつつ、クッションはソフトなので
ロングドライブに良さそう。


タイヤは
フロントが215/45R17
リヤが225/45R17
で微妙にサイズが違うんですね。
DSC_1775.jpg

45というロープロフィットタイヤなのに、乗り心地がいい。
フロント、リヤともにサスペンションは
高級車に使われるダブルウィッシュボーン式だからですかね?
直6エンジンのスムースさと相まって快適です。

オーナーからは、これって曲がるクルマなの?って質問がありましたが
セダンのRS200は曲がる設定だと思うのですが
こっちのジータは、ワゴンとしてツーリング性能も要求されてると思いますから
割と、アンダーステアなセッティングかもしれませんね。


内装はシンプルでクールな印象。
アルテッツアの内装、サンキュウボウヤはすごく好きです。
DSC_1766.jpg


クロノグラフメーターも、凄く格好いい。
これもサンキュウボウヤはすごく好きです。
DSC_1772.jpg


重い重いと言われたアルテッツア。
レガシィツーリングワゴン(GF-BH9)と比べると
全長が17.5cmも短いのに車重は10kg重いアルテッツアジータ
レクサスブランドでセダンがISとして売られるという事で
衝突安全性にうるさいヨーロッパでも売れるよう
衝突安全性を追求した結果だとか?
DSC_1783-2.jpg

車重は1480㎏もあります!
その分、ボディ剛性もいいのかなぁ?


撮影中、雨が降ってきてしまいました。
後輪が滑る~
altezzapass01.jpg


走る楽しさを忘れていない大人のための
スポーツワゴン! そんあアルテッツアジータでした。

DSC_1786-2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ