三菱製とスバル(中島)製


零戦のエースパイロット
岩本徹三

サンキュウボウヤです。

今日は、三菱とスバルの話。

三菱とスバルと言えばランエボとインプレッサWRX

この2台が争う50年以上も前から、両社は似たようなマシンを作ってたんですね。

DSC_6339.jpg

左がスバル(旧中島飛行機)の一式戦闘機「隼」
右が三菱の零式艦上戦闘機21型

でも、零式艦上戦闘機のエンジンは中島飛行機製のエンジン。

ちなみに、中島飛行機のエンジン部門は、後のプリンスでGT-Rのエンジン作ってるんですね。

一式戦闘機も零式艦上戦闘機も軽量の運動性能を重視した戦闘機
ガチで闘ったら一式戦闘機のほうが強そうですが

活躍の場が多かったのはより遠くまで飛べて、
アメリカ製戦闘機という好敵手に巡りあうことの多かった零式艦上戦闘機ですね。


こうやって考えると
日本がいきなり自動車大国になったわけじゃないんですね。
そして、そうなる前から三菱とスバルは争っていたんですねー。


コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ