FC2ブログ

マツダ『アテンザXD』   LDA-GJ2AP  (平成26年1月モデル)


燃費を突き詰めたらディーゼルしかないで!
サンキュウボウヤです。

マツダアテンザのディーゼルに乗ってみました。
アテンザは、ガソリン仕様とディーゼル仕様があり、
ディーゼル仕様の4WDは、ベースモデルのXDグレードでも車両本体340万円くらいから

この車両の特徴とも言える、心臓部は
2.2Lのディーゼルターボエンジンです。
DSC_0176_2020032112452323d.jpg

トルクが42.8㎏・mもあるんですねぇ~
すごーい。
そして、ボンネット開けてみたら、激重~

ボディのスペック
DSC_0189_20200321124526ef1.jpg

車両重量は1.6tにもなり、なかなかな重さ
(2.0Lガソリン仕様のFFは1440㎏ 2.5LガソリンFFで1470㎏、ディーゼルFFで1530㎏)
ガソリン車と比べると90㎏~60㎏重いんですねぇ~

足回りは、前ストラットで後ろはマルチリンク式
タイヤは225/55R17です。
DSC_0182_202003211300021c7.jpg
ブリヂストンブリザックVRXを履いた状態でテスト走行です。

さて、レッツドライブ
DSC_0192.jpg

プッシュボタンを押してエンジン始動。ディーゼル車っぽいカラカラ音はするけども
遮音がしっかり行われているので、まったく気になりませんね。

ディーゼルの売りである燃費性能を十和田~八戸間でチェック

私の乗っているプリウス(50系のFF)だと26㎞/L~30㎞/Lです。
今回テストしたアテンザは19km/Lでした。
1600㎏ものボディでなかなか良い燃費!

が、しかし
このクルマ、峠道での走行性能が高く
トルク42.8㎏・mを感じたいので、アクセルをベタ踏みしたくなる。

DSC_0170.jpg

ものすごい勢いで燃料を消費していく・・・・
エンプティが近づき、メーターが小刻みに刻まれた領域に入ると
恐怖を感じるくらい減っていく(笑)

上り坂でアクセル踏んでもまったく加速しなくなったときは焦りました

ミッションはマニュアルモード付き6速オートマチック
DSC_0179_202003211245257b7.jpg

なかなかキレッキレのレスポンスで、無駄に変速したくなります。
しかし、峠道ではあまり活躍する事はありませんでした。

っというのも強力なトルクにより、ほとんど3速固定で
ストレスなく走れてしまうのです。
そして、エンジンの抑揚もあまり感じられず
この点に関しては、期待していたより面白くなかったです。

やっぱり楽しさはガソリン車が1番です。

ただ、ディーゼルにしてはエンジンは良く回ります。
IMG_0008_BURST0010011.jpg

強大なトルクと国内最速クラスのレスポンスのミッションで、ストレスは全くなし。

面白さとストレスのなさは別なんだなって思わされました。

カーブでのロール感も、ドライバーに感じさせることなく
ストレスなしでコーナーを駆け抜けていきます。
とっても良いクルマに乗ってるぅって思わせてくれます。

ディーゼルエンジン搭載で1600㎏の車重であることを
完全に忘れさせてくれますねぇ~


DSC_0190jpg.jpg

いやぁ ホント マツダ車って運転が楽しいですねぇ~
個人的にガソリン車だとどんな雰囲気になるのか
気になりましたぁ~ 

お わ り









コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ