FC2ブログ

八戸銘菓鶴子まんじゅう

不倫。
ダメ。絶対。



珍しく、旦那がワイドショーに釘付け。


受付嬢mocchanです。







八食に行ったら、二種類のつるこさんがいたので、買ってみました。


まずは、元祖・鶴子まんじゅう
先日、わがままを聞いてもらった💦八幡の萬榮堂さん





↓萬榮堂さんホームページより

商品開発ストーリー

 初代の松田萬次郎が櫛引八幡宮様に銘菓を授けてくださるよう祈願したところ、八幡宮様に鶴が舞い降りる夢を見たことから縁を感じ、鶴子まんじゅうを作ったと伝えられています。当初は鶴子まんじゅうという商品名はまだなかったのですが、近くの明治小学校で先生をされていた藤田ツルさんという方が好んでお買いに来られていたことから「鶴子まんじゅう」という商品名にしたそうです。
 



八食内のデコールさんのお店にありました






そして、
仏事にはいつもお世話になってます。
小中野の丸美屋さん






八食店があります






若干、粉の粒が丸美屋さんの方が大きくて量も多いかな





萬榮堂さん





丸美屋さん

餡の量も多いかな





並べてみた

←左・丸美屋さん

萬榮堂さん・右→





食べた後の粉の量も
やはり丸美屋さんの方が多い

←左・丸美屋さん

萬榮堂さん・右→




中身も
ちょっと微妙に違う











買ってすぐに食べなかった受付嬢が悪いのですが‥
萬榮堂さんのは包装が包まれているだけなので、結構硬くなっちゃってました( ;∀;)

丸美屋さんのは、乾燥剤入ってしっかりと口を止められているので、柔かったです。






仏壇にしばらく置いとくなら、丸美屋さんが無難かなぁ‥





というか、粉をぼろぼろしながら食べるおまんじゅうが、許せない方!


↓萬榮堂さんには粉のない亀子さんがいますよ!!







ポロポロしなくて、もの足りない( *´艸`)

コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ