FC2ブログ

「一里塚」七戸町

ずっと更新してなくて申し訳ありません

サムライキャットです。


先日ドライブ中に七戸で立派な木を見つけました

「立派な木だなー」(声 : 草壁タツオ)


大きい木を見ると
どうしても立ち止まってしまう

説明の看板がありました
『一里塚』



以下はWikipediaを引用省略した一里塚の説明です


「一里塚(いちりづか)は、旅行者の目印として大きな道路(街道)の側に1里(約3.927キロメートル)毎に設置した塚(土盛り)である。

塚の側に榎などの木を植えたり標識を立てたりしていた。

日本では、平安時代末期に、奥州藤原氏が白河の関から陸奥湾までの道に里程標を立てたのが最初と言われている。

一里塚が全国的に整備されるようになったのは江戸時代である。江戸幕府は江戸の日本橋を起点として全国の各街道の1里(約4 km)ごとに一里塚を設置するよう指令を出し10年ほどで完了した。

一里塚の大きさは5間(約9 m)四方、高さ1丈(約1.7 m)に土を盛り上げてつくられ、一里塚の上には榎などの木が植えられ、木陰で旅人が休息を取れるように配慮されていた。また、植えられた樹木は築いた塚の崩壊を根で防ぐ役割も持つ」


・・・・。
なるほど、だからこんもりした場所に木があるのですねー



ここで休憩した先人たちの姿を想いながら
けやきの木の言葉にできない圧倒的な存在を体感

これからも
疲れた現代・未来の人に
「癒し」をお願い致します。



コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ