FC2ブログ

シエンタとスペイドにチャイルドシートとベビーカーを載せてみた


あなたの生活に密着する
八戸モータース サンキュウボウヤです。

普段、回転式チャイルドシートを搭載している、フィット(GE6)
DSCF5168.jpg

コンパクトカーの中でも広いと思われるフィットだけど後席は意外と狭い
DSCF5169.jpg

前後の幅が狭いみたい。
一番安全と思われる運転席後ろに設置すると、
運転席を前に出さないといけなくて、少し窮屈な感じになります。

取付、取り外しの簡単な
ISOFIX(アイソフィックス)のチャイルドシートにしてヴィッツ(NSP130)と入れ替えがしやすくしたのだけど
DSCF5172.jpg

取り出す時が大変。ヴィッツ(NSP130)のほうが、リアドアが大きく後席と前席の感覚があるため
ヴィッツのほうが取り出しも設置もしやすかったりする。
もちろん、後ろの荷物スペースはフィットのほうが圧倒的に広いんですけどね。

チャイルドシートの設置するのに、適したクルマってなんだろう?
っという事で、トヨタ『シエンタ』と『スペイド』を比べてみた。
DSCF5197_20180722223345836.jpg


まずは『シエンタ』
DSCF5174.jpg
設置も、設置後の運転席との距離も余裕がありました。

が、しかし、3列目も使うとなると、ベビーカーの収納に困りました。
DSCF5182.jpg

シエンタは、全長4235㎜というコンパクトなボディに、3列シートをなんとか詰め込んだクルマなので
使い勝手としては、スライドドアの開口部が広いところ以外はフィットやヴィッツと、あまり変わらないかな
っという印象。


次は『スペイド』  ちなみにカローラ店、ネッツ店だとスペイド。トヨタ店、トヨペット店だと『ポルテ』で
フロントのデザインが違うだけの兄弟車です。

すごく大きなスライドドアです。
DSCF5391_201807222245293ff.jpg

チャイルドシートを設置
DSCF5209.jpg
シエンタよりも、さらに余裕のある感じ


ここを見たまえ
DSCF5188.jpg
シートを床面と固定するバーが、座面ギリギリのところになっている。
後席の座面が、大きいということですね。

後席の居住性は、かなり快適な印象。


スライドドア部分の床面がかなり低く、助手席をいっぱいに前にスライドさせると
DSCF5191.jpg
ベビーカーが、子供を載せたまま載せることが出来ます。
急な雨などが降っても、ベビーカーごとクルマに乗ることが出来ちゃいます。

荷物スペースも、ベビーカーを余裕で載せることが出来ます。
DSCF5214.jpg


運転席周りの収納が圧倒的な豊富さ
DSCF5219.jpg


っということで、広々ミラクルボックス トヨタ『スペイド』特集でした。
DSCF5398_20180722230040fe1.jpg


『ポルテ』&『スペイド』は、チャイルドシートやベビーカーを使う
ユーザーにとって、とても良く出来たクルマっていう事が判りました。

が、しかし 発売から6年以上がたち、 モデル末期の絶滅危惧種なのだった。


コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ