forzaでタイムアタック ランエボXvsWRXsti

スポーツは
ライバルがいるから面白い サンキュー坊やです。


今回は、因縁の対決ランエボvsインプ
あなたは、どっち派ですか?
私はランエボ派です。速さのためなら、なんでもやるぜ
みたいなノリで電子デバイスてんこ盛り。そこが好き。

しかし4WDで2000㏄ターボで、どっちも似たようなもんじゃん
って感じですよね(汗

このフォルツアモータースポーツというゲームの世界ではどうなのか
さっそく、ランエボから走って確かめてみましょう。
ランエボⅩ 筑波
とにかく安定性がいい。グリップ抜群。それを電子制御で曲げていく。
コーナー手前で確実に減速すれば、後はクリッピングポイントからアクセルON!!
なんの不安もない。

次は、インプで行きます。
インプtkb
こっちは、ある程度リアが巻き込んでくる感じがありますね。
でも4WDなので危ない挙動までには至りません。
リアをスライドさせて向きを変えながら減速、そこからアクセルONっていう挙動が可能。

タイムは
インプレッサ          1:03.123
ランサーエボリュション    1:03.137

すげー僅差。 ドライバーしだいで逆転ですね。
3速の加速の伸びがインプレッサがやけに良かったような。



ついでにニュルも走ってみる。
いちおう説明。ニュルってのはニュルブルクリンクの略で北コースを走ります。詳細は、こちら

ランエボⅩ ニュル
多少荒い運転で、飛び跳ねても安定しているランエボ

インプWRXnur
ここのコースは、
ある程度リアをスライドさせられるインプのほうが、走りやすいかも


タイムは
インプレッサ 8:58.817
ランサーエボ 8:55.777
名誉挽回で、ランサーエボリューションで走りこみ、なんとかインプレッサを上回りました。
オンザレールな感じの挙動なので
タイムを縮めるのには、すごい集中して微妙な操作が必要になります。

似たようで違う2台のクルマ。
とにかくグリップ命のランエボに対して
ホイールベースが短くボディの軽くて自然なフィールのインプレッサって感じでした。

【スペック】
ランサーエボリューションⅩGSR 09モデル
車両本体価格399万5250円
全長/全幅/全高 4495/1810/1480(mm)
ホイールベース 2650mm
車重 1,550kg
乗車定員 5名
2000ccエンジン+ターボチャージャー付 プレミアムガソリン車
300ps/6500rpm 43.0kg・m/3500rpm
6速ツインペダルMT(3ペダル5MT車もあり)
ブレーキ 前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ 245/40R18

インプレッサWRX STI 08年モデル
車両本体価格368万5500円
全長/全幅/全高 4415/1795/1475(mm)
ホイールベース 2625mm
車重 1480kg
乗車定員 5名
2000ccエンジン+ターボチャージャー付 プレミアムガソリン車
308ps/6400rpm 43.0kg・m/4400rpm
6速マニュアルトランスミッション
ブレーキ 前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ 245/40R18

コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ