函館出張報告⑧ 元町「ハリストス正教会」

視線を捕らえる磁力がある

八戸モータース
サムライキャットです。


函館の元町散策
次は「ハリストス正教会」に行ってきました


こちらも非常に歴史があり貴重な教会です


前回はカトリック元町教会をブログの記事にしましたが、キリスト教は長い歴史の中、いくつもの宗派に別れて現代に至っています。

教会の起源は1858年(安政5年)、日本で最初のロシア領事館が箱館に置かれたことに端を発します

その後、火事で焼失し1916年(大正5年)、現在の聖堂(教会)が建てられました。

そして1983年(昭和58年)聖堂が国の重要文化財に指定され、1996年(平成8年)、鐘楼の鐘の音が環境庁より「日本の音風景百選」に認定なれました。


教会内はもちろん写真撮影不可。


教会内は神聖で静かな雰囲気が漂います
ロシア正教ならではのビザンツ様式の教会は独特の佇まい。

重要文化財のため入場料がありますが、貴重な体験と気持ちになれました。



ちなみに教会の近くに「ペリー広場」がありました。


函館にペリーも来たんですねー
広場は特に何もなく、犬を連れて散歩してる人がいました。

憩いの場って感じでしたよ

ペリー総督、
子供の頃、教科書のお顔に落書きしてゴメンナサイ

※ペリー像とサムライキャット

コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ