アテンザスポーツワゴン23S”6MT” カーミーティング2014.10.11


流れの中を、
たんたんと走る
そこでわかるクルマの本質も
またあるのヨ (声:湾岸ミッドナイト山本和彦
サンキュウボウヤです。

久々の八戸モータースカーミーティング

今回は、マツダのアテンザスポーツワゴン23Sです。


atenza23s6mt.jpg

カペラの後継車として、登場したアテンザ。
マツダのCMと言えば、みんなが聞いたことがある「ZOOM ZOOM」の歌

そのブランドフレーズは、このアテンザから始まりました。

アテンザにはセダンとハッチバックとワゴンがあります。


では、外装からチェック!!


DSC_8226.jpg

ヘッドライトアップ
DSCF9079.jpg

細長い目つきは、マツダのアイデンテティ


横から
DSC_8220_2014101223084654b.jpg


後ろ
DSC_8221.jpg

DSC_8224.jpg


テールライト、クリアレンズでライトの周りはブラックアウト化されています。
DSCF9076.jpg

スポーティ



今回取材させていただくのは、ワゴンなのでラゲージが広々ですなぁ

DSC_8479.jpg



排気量はハイオク仕様の2300㏄、

DSC_8264.jpg

プレミアムガソリン仕様で、178馬力/6000rpm、トルクは21.9kg・m/4000rpmを発生。
10・15モード燃費は13.0km/L




そしてマイナーチェンジで6速化したマニュアル車です。

DSCF9080.jpg

八戸モータースより1速多い!!


インテリアは、ブラックで統一された配色でシンプル。上質な感じ
DSC_8253.jpg

赤く光る自発光式メーター
走る気持ちを高ぶらせます。
DSCF9087.jpg
これもスポーティ


オートエアコンは、ダイヤル式を採用し使いやすさを重視ですね。
DSC_8260.jpg

時計、オーディオの情報、エアコンの情報は、このディスプレイに集約されています。
DSC_8248.jpg


情報をひとつのディスプレイにまとめるやり方は
一度に情報を把握出来るため、走りに集中しやすくなります。


BOSEのスピーカー、音が良さそう
DSC_8254.jpg


八戸モータース、ちょっと試乗させてもらいました。
DSC_8410.jpg

2200ccのアコードEuroRに乗るサムライキャット。
排気量が同じくらいでも、性格がまったく違うとのこと。

意外や意外で、ガチでスポーツなアコードEuroRよりもアテンザのほうが
クラッチが重かった


サンキュウボウヤも試乗
DSC_8345.jpg

ほぉ 4000rpmまで太いトルクがある感じ
自然吸気なので、マイルドな感じのトルク感。

これなら、坂道や高速道路でも高いギアのまま
低回転で走れるので、静かに走れそう。

シフトフィールは、コクッコクっと入る感じで良好!!


DSC_8476.jpg

オーナーさんのお父さんは、道の駅めぐりするのに
このアテンザスポーツワゴンを借りていくそうです。
DSC_8483.jpg

モノをたくさんつめて、排気量が大きいので、快適。
そして、何よりマツダは、他者より走りのフィーリングを大事にするので、
アテンザスポーツワゴンで行きたくなるのが分かります。

Be a Driver


オーナーさんは、3年前からロードバイクにハマっているもよう
DSC_8458.jpg


なぬ!専用シューズは、ペダルと固定する形状になっている模様。
初めて知りました。
DSC_8456.jpg


タイヤはミシュランです。
DSC_8454.jpg


こちらも試乗してみるサムライキャット
男のあれが、痛くなることを心配していました。
DSC_8470.jpg

オーナーさんは、自動車だけでなく
ロードバイクもこだわりで、走るのが好きなんですね!



今回、マツダ車をレポート出来て、とても良かったです。
オーナーさんは、次は新型デミオに乗られるそう。
DSC_8446.jpg
ありがとうございました。




自動車メーカーの中で、マツダを一番に押す八戸モータース
でも、誰もマツダ製の車両に乗っていないw

いつかは、マツダ車に乗りたいと思う八戸モータースだった!




コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ