ノーダメージジーンズのススメ

服ではない
自分の分身である

サムライキャットです。


リーバイス501。

10年くらい前に買ったリーバイス501
ノーダメージな状態から履き

※ノーダメージ参考画像

穴が開き、リペア(修復)を繰返し、ここまで来ました






小さいポケットはジッポを常に入れていて穴があきました


元々は、「ウォッチポケット」と言われて懐中時計を入れておく場所なんですが、時代の変化もありジッポを入れる場所に代わりました

後ろはこんな感じ


財布は右ポケットに入れるので右側がダメージ






そして501と言えば、ボタンフライ


ジーンズと言えばジッパーが当たり前の昨今。なぜにボタンなのか?

それは501が世界初のジーンズメーカーで誕生当時のポリシーを現代も受け継いでいるから。

ジーンズの生地の「デニム」は元々は洗えば少し縮み、履く人の体格に合わせてフィットしていくもの

ジッパーだと、縮みには不適合でボタンだからこそ対応できる


あ、、すいません・・・。
ちょっとマニアックな説明でしたね・・・
501の説明は長くなるので以下省略します。


ジーンズの色落ちやダメージは、履く人の履いた時間そのもの

現代は新品からダメージ加工されたジーンズが店頭に並ぶ世の中

それもいいでしょう

だけど是非ノーダメージを買って自分にしか出せない色落ちを楽しんでほしい。

別にリーバイスじゃなくてもいい。
自分の好きなブランドで、自分の歴史を刻んで欲しい。

ジーンズには、そんな楽しみ方もあるんです

ちょっとジーンズが好きなサムライキャットでした!

コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ