八戸の歴史と港町「川口神社」

神社と鳥と
あなたの心。

八戸モータース
サムライキャットです。


八戸、館鼻公園近くに神社があるのご存じでしょうか?

その名は「川口神社」。
新田川沿いにあります


偶然通りかかったサムライキャット。
川口神社のこと知りませんでした。



御祭神は、調べたら
「速瀬織津比賣神」
「速秋津比古神」
「速秋津比賣神」
とのこと。

・・・。
うーん、よくわかりません。。

まずはお参り


川口神社は江戸時代に「十分一役所」と呼ばれ、採れた魚の10分の1を税金として徴収する場所だったようです。

詳しくはこちらをご覧ください
 

八戸の「昔」を心に感じ「今」を想うサムライキャット。

厳粛な気持ちになります。

八戸のご先祖様たちの姿が垣間見れます


画像の右側にあるのが当時の絵師が書いた十分一役所。

ん?
神社の脇に狭いですが広場が。




ここはなんだろう?
四方の一角が崩れてて危険な状態。。


東日本大震災の津波で崩れたのか、それともそれ以前から崩れてたのか?

サムライキャットはわかりません。


その場所からは神社の裏が見ることができます。


そして歴史の詰まった八戸の漁港の綺麗な景色が!


ここからの景色・・・
その美しさと歴史にサムライキャット感動しました。

是非この場でブログを見てくれた方に「八戸」を眺めて欲しいです。


蛇足ではございますがサムライキャットがこの場に立ったとき、綺麗な鳥たちが慌てて逃げてしまいました。


川口神社脇に行くときは足音をたてず、鳥に近寄ってみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ