対決!フィットHVvsアクア  

はじまる
八戸モータースの新時代 
サンキュウボウヤです。

2013年はホンダ「フィット」がフルモデルチェンジ!
DSCF0809_20131214081807aac.jpg

ハイブリッドモデルは
JC08モード燃費が36.4km/Lで、国内コンパクトカー最高の燃費”だった”わけですが

同じ年の12月トヨタ「アクア」が一部改良で37km/Lとわずかに勝り
国内コンパクトカー最高燃費の座を奪い返しました。

一番じゃなきゃダメなんですか?(声:蓮〇
ばりに、ほんのわずかとも思える差でトヨタがやり返してきました。


しかし、なんでだろうね?
両車とも装備の違いで燃費が極端に落ちるのね

アクアの場合
S、G車グレード車重1080kg メーカーオプション装着時10kg増
37km/L→33.8km/L
(逆にLグレードは車重1050kgで30kgも軽いが燃費はS、Gグレードと同じ37km/L)

フィットもベース車が車重1080kg
しかしグレードが変わると極端に重量が変わり
FパッケージとLパッケージは車重1130kgで50kg増
36.4km/L→33.6km/L
Sパッケージは車重1140kgでベース車から60kg増
36.4km/L→31.4km/L

なんだそりゃ?
10・15モード燃費の計測だと実際の燃費と開きがあるからって
JC08モード燃費に変わったけど、この計測方法もおかしくね?って
話ですよw

トヨタはプリウスで燃費スペシャルのLグレードっていうのを設定しましたが
ホンダも今回のフィットHV、ベースグレードはマジ燃費スペシャルなんだなぁ
って事が、この重量差で判りますねぇ


燃費の話は、ここまでにして。


今回、アクア一部改良で追加されたG‘sが注目ポイントでしょう

DSCF0811_20131214081809b79.jpg

ものすごくあくの強いフロントマスクですねぇ~
ベース車となるGグレードが187万円でからプラス33万円
一般的な方からすれば、高いなって思うかもしれないけれど
G‘s専用エアロやLEDイルミネーションと(←サンキュウボウヤ的に外装はどうでも良い)

G‘s専用スポーティシート(アルカンターラー表皮)と専用サスペンションに
ボディ剛性アップパーツにG‘s専用17インチアルミホイールがついてくる事を
考えると、お買い得。
特にロングドライブが好きなユーザーにとってスポーティシートが
より満足度を増してくれる装備
となる。
DSCF0812_20131214081809259.jpg

アクアのG‘sは実際に乗った事ないけど
友人が購入したプリウスG‘sの乗り味を考えると
こちらも期待できそう。

高速道路や峠道をより楽しく快適に走りたいユーザーは
迷うことなく、G‘sを選択したい。


HVではないけれど、ホンダフィットのガソリン仕様車にある
RSグレードもなかなかの出来栄えのようです。
DSCF0813.jpg
ただ、価格が180万円と、開発者からすれば、まだまだ
やりたいない事があるんじゃないかなと思うんです。

ホンダもトヨタのG‘sのような拘りぬいたグレードを
設定してくれることを期待してます。
(↑TYPE R復活してくれ~)

コメントの投稿

非公開コメント

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ