函館出張報告 番外編

そこは日本の輝きがありました

サムライキャットです


八戸モータース函館出張
おまけ。

湯の川温泉郷で一泊し


某ホテルの自販機にビールやチューハイ以外に唯一あったワンカップ
函館の日本酒 臥牛山

夜飲んで寝て、朝にもいただきました


あと、運よく函館ハイカラ號(復元)に乗ることができました




旧丸井今井呉服店函館支店



坂本龍馬像と受付嬢


猫好きにはたまらない
猫雑貨を多数揃えた元町にある「日和館」


函館在住のエリンギさんに「寒いよ!」忠告を受けたのに
誰よりも薄着だったサムライキャットでした

函館出張報告⑪土方歳三終焉の地

激動の幕末へ
思いを馳せて

サムライキャットです



土方歳三が亡くなった場所に行ってきました。
函館駅から歩いて15分位のところにありました

土方歳三は新撰組副長として近藤勇を助け、のちに旧幕府側として連戦しながら北上。

蝦夷共和国を立ち上げるという夢を掲げて函館に到着し、五稜郭防衛戦にて馬上で指揮を執りました。

しかし、新政府軍の銃弾を腹部にうけて35才という短くも激しい生涯を遂げました。



最期を遂げたとされる場所に記念碑が立てられています。

記念碑はまるでお墓のように、写真が飾られ線香を灯す人もいて、厳粛な雰囲気に包まれてます

全国から彼のファンが訪れる場所になってるんですねー


サムライキャットと受付嬢も手を合わせてきました。

記念碑がある場所は小さな公園みたいな所にひっそりと佇んでます。

公園内にはどこかの学校の初代校長の銅像があるので記念碑を見つける前はこれが土方歳三の像だと勘違いする可能性があるのでお気をつけ下さい




「よしや身は蝦夷が島辺に朽ちぬとも魂は東の君やまもらむ」

土方歳三



追伸
五稜郭タワーでこんなの買いました




函館出張報告⑩元町「旧イギリス領事館」 

心の震幅を
最大限に提供する

八戸モータース
サムライキャットです。


元町を散策中「旧イギリス領事館」を発見


行くぜ


入るとすぐ
年代物の電話が
※今でも使えます

ムスカ大佐が使ってた電話に似てる・・・
「私はムスカ大佐だ、ロボットにより通信回路が破壊された、緊急事態につき私が臨時に指揮をとるっ!」


旧イギリス領事館は函館が国際貿易港として開港した1859年(安政6年)から異国情緒あふれる函館を彩ってきた歴史ある建物です。
数回の火災にあっても再建し、現在の姿は1913年(大正2年)に建てられました。

執務室でリチャード・ユースデン領事にそっと寄り添うサムライキャット


詳しくはこちら


執務に励むサムライキャット


ペリー総督がいました。
なんかコワイ


床の絨毯に描かれた「函館真景」

開港当時の函館を表した世界地図
これは本当に綺麗でしたよ♪

最後に記念撮影
当時の函館を歩くサムライキャットと受付嬢


 

函館出張報告⑨元町「旧函館区公会堂」

語りつくせない
エピソードが満ちている

八戸モータース
サムライキャットです。


「旧函館区公会堂」


1910年(明治43年)に建設された公会堂で北海道の代表的な明治洋風建造物です。
1982年に修復され現在に至ります。

とりあえず、派手!
カッコいいなー

ベランダからの眺め


函館
美しい・・・
気持ちいいぜ!

記念撮影



旧公会堂内に説明文が。

「1911年に大正天皇が皇太子時代に宿舎となり、1922年に昭和天皇が摂政官のときには休憩所とされた」だと!

いきなりテンションが高くなるサムライキャット。

寝室


ここは何の部屋だったかな?


家具はとても保存状態がいいらしいです。
それも国の重要文化財に登録される理由となったみたいです。

こちらは大広間


おおおぅ。
ひろーーーーーい
すごい解放感

なんか映画の世界に入り込んだような感覚


最後に記念撮影用の場所で
紳士的に。


こんなのもやってるよ!


函館出張報告⑧ 元町「ハリストス正教会」

視線を捕らえる磁力がある

八戸モータース
サムライキャットです。


函館の元町散策
次は「ハリストス正教会」に行ってきました


こちらも非常に歴史があり貴重な教会です


前回はカトリック元町教会をブログの記事にしましたが、キリスト教は長い歴史の中、いくつもの宗派に別れて現代に至っています。

教会の起源は1858年(安政5年)、日本で最初のロシア領事館が箱館に置かれたことに端を発します

その後、火事で焼失し1916年(大正5年)、現在の聖堂(教会)が建てられました。

そして1983年(昭和58年)聖堂が国の重要文化財に指定され、1996年(平成8年)、鐘楼の鐘の音が環境庁より「日本の音風景百選」に認定なれました。


教会内はもちろん写真撮影不可。


教会内は神聖で静かな雰囲気が漂います
ロシア正教ならではのビザンツ様式の教会は独特の佇まい。

重要文化財のため入場料がありますが、貴重な体験と気持ちになれました。



ちなみに教会の近くに「ペリー広場」がありました。


函館にペリーも来たんですねー
広場は特に何もなく、犬を連れて散歩してる人がいました。

憩いの場って感じでしたよ

ペリー総督、
子供の頃、教科書のお顔に落書きしてゴメンナサイ

※ペリー像とサムライキャット

冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ