『上ロースカツカレー』 カレー屋いっぺこっぺ 大田区蒲田5丁目


まずは、トンカツを食べまーす
次は、カレーライスを食べまーす

サンキュウボウヤです。


美味いカツカレー屋があると聞いたので
蒲田に行ってみました。

DSCF3615_20170718192858520.jpg


メニューは、カツカレーしかないという硬派なお店
DSCF3614.jpg


こちらは、
ロースカツカレー ご飯大盛 1000円+(ご飯大盛代100円)
DSCF3618_2017071819340691f.jpg

デ デカイ


私は
上ロースカツカレー 1800円
DSCF3619_20170718193529f79.jpg

とんかつと、カレーライスが別々とは!


とんかつの断面はこんな感じ
DSCF3621_2017071819412778d.jpg


カレーはこんな感じ
DSCF3620.jpg

牛スジカレー?



アメリカ製の塩でいただく
DSCF3617_20170718194126257.jpg


このトンカツ
お隣のトンカツ専門店檍(あおき)のトンカツだそうです。

DSCF3622_201707181941247bb.jpg


激うま
今まで食べたカツカレーのトンカツの中で、最高のトンカツだ


さすが、とんかつ専門店のとんかつを使ているだけはある。



むむ

とんかつの印象が強すぎて
カレーライスの味は忘れてしまったぞ
DSCF3623.jpg



最後に、大盛にする際はお気を付けください。
普通盛りでも結構な量ですぞ







『ねぎラーメン』  博多一番 相模原市南区若松4丁目


辛子高菜が、食べる人の心を躍らせる
サンキュウボウヤです。

東京出張の後、寄ってみた。

DSCF3573.jpg

そのラーメン屋は、神奈川県相模原市の東通りバス停近くにあります。
青森県にも東通りはありますね。


ふるさとの味!
DSCF3574.jpg

八戸モータースにとって、博多屋の味はふるさとの味!
っということで、ふるさの味を堪能してみた。

メニューはこんな感じ
DSCF3576.jpg

うっ(声:木地本

まさか、ここでも
長崎ちゃんぽんも食べたいという気持ちとの葛藤になるとは・・・


替玉時に投入する、素だしのようなもの
DSCF3580.jpg
その姿をみて、ふるさと八戸を思いだす。


頼んだのは、ねぎラーメン 900円
DSCF3577.jpg

ラーメン博多屋に慣れた人なら、迷わず注文を店員さんに伝えることが出来るだろう。


DSCF3578.jpg

この麺とスープの感じに
またふるさとを思い出す。

こちらの
ネギは、味付けネギのようですね。


辛子高菜と、紅ショウガを載せていただく。
DSCF3579.jpg


替玉時に味を濃くする素だし
DSCF3581.jpg


しまった、
替玉したときの画像を忘れてしまった


麺も毎日博多から直送らしいけど、麺以外も?
DSCF3582.jpg

そして、ラーメン博多屋も同じ麺かな?
っという感じがしました。


っと想像を膨らませていたら
早く八戸帰ってラーメン博多屋に行きたくなりました。

さすが、ふるさとの味!



『カツ丼』 アンティアスカフェ パラオ国 コロール市


どんぶりを研ぎ澄ます
サンキュウボウヤです。

パラオ最終日、
午後4時出発の飛行機だったので
ホテルのチェックアウト後、コロール市内でご飯を食べることに


アンティアスカフェに行ってみた。
洒落た店内、メニューを見てみると

カツ丼があるじゃないですか!?
DSCF2654.jpg

ビールとセットで13ドル。ソフトドリンクだと9ドル
大盛は1ドル+のようです。


カツ丼頼んでみた。

DSCF2659.jpg

美しい、こんな洒落たカツ丼は見たことないな


カツの断面はこんな感じ
DSCF2662.jpg

タレの味が弱めな感じヘルシー志向

っと思いきや、ツユだく仕様だった
DSCF2663.jpg

うむ。ツユだくだとタレの味が強くない方が、しょっぱくなくていいね


お味噌汁
DSCF2664.jpg
こんな洒落た感じの味噌汁もなかなかお目にかかれない


パラオのビール レッドルースターを飲む
DSCF2655.jpg


おぉ 大きい
DSCF2656.jpg

クセが強くない、バドワイザー感覚のビールで飲みやすい。



食べ終わるころに、豪雨が降ってきて停電になりました。
そしたら、店内が湿気でムンムン 暑い!!

グラスが結露した
DSCF2666.jpg



っということで、
パラオでどんぶりを食べた後、

帰り、日本航空の機内で牛丼が出てきたのだった・・・

DSCF2419_20170219175142cca.jpg





パラオに行ってみた② パラオパシフィックリゾート PPR


I go to Palau
I go to Pacific
アーン パラオパシフィック
I go to Pacific
I go to Resort
アーン パシフィックリゾート

パラオパシフィック パフィシックリゾート

アーン

パラオパシフィックリゾート

ピーピーアール
サンキュウボウヤです。

パラオにハネムーンしてきました。

宿泊先のパラオパシフィックリゾート
地元ではピーピーアールと略しているそうで、
日本で流行っているピーピーエーピーを連想してしまいます。

パラオパシフィックリゾートを空から見るとこんな感じ
DSCF2214.jpg




っという事で、
パラオ国際空港に降り立った

国際空港と言っても、誘導路は持たない、滑走路が一本の小さな空港

ターミナルの中はこんな感じ
DSCF2097_20170129182951059.jpg
小さい

ホテルまでのバスに乗る
DSCF2101.jpg
日本バス協会のバスで安心

右側通行なのに、左側に扉を持つ日本製のバスが活躍しています。


到着。
ウェルカムドリンクが振舞われます。
DSCF2105.jpg


部屋からの景色
DSCF2115.jpg
オーシャンフロントでビーチがすぐそこです。


ベット
DSCF2112.jpg


甘味のない、果物とクッキーがありました。
DSCF2113.jpg
クッキーは、お土産に持ち帰ったのですが、美味しかった


洗面台
DSCF2106.jpg
こちらのホテルの水は、飲めますので安心してください


ウォッシュレットトイレ
DSCF2108.jpg


年末年始もクリスマスの装飾があります。
DSCF2165_201701291840350ce.jpg


新年のカウントダウンパーティ。
ビーチダンスミュージックで踊る外人達

そんな中、風船爆弾みたいなのを飛ばしていました。
DSCF2206.jpg



パラオパシフィックリゾートがある場所は
昔、日本軍の飛行艇用の基地があったところのようです。
DSCF2423.jpg


飛行艇を陸に上げるためのスロープ
DSCF2421.jpg

DSCF2285.jpg


朝食会場
DSCF2289.jpg


元日ということで、お雑煮がありました。
DSCF2132.jpg
ちょっと薄味な感じ


朝食は、東北人な私でもおいしく頂きました。
DSCF2150.jpg


納豆は、日本からの輸入のようで、
グアムで食べた納豆のように謎な味ではなく、日本仕様
DSCF2134_20170129184540098.jpg


そうそう、2泊目に部屋に戻るとハネムーンってことでケーキのプレゼントがありました。
DSCF2237.jpg

ちょっと薄味だけど、美味しく頂きました。


24時間営業の免税店があって、そこでカップラーメンとか買えます。

日清のカップヌードル ビーフ
DSCF2283-1.jpg
ん?なんか日本で売ってるのと違って 中身が茶色い


日本で売ってるのは、ビーフじゃないのかな?
DSCF2285-1.jpg
なんか味も違う気がする。


おにぎりも売ってます。
DSCF2419.jpg
カタめの米が好きな方には、タマらない仕様。夜食にぜひ買ってください。


近くの展望台からホテルを望む
DSCF2426.jpg


コテージ風なつくりになってます。
DSCF2448.jpg


ビーチ側じゃないほうの客室は、こんな感じ
DSCF2443.jpg



DSCF2286_201701291849507f0.jpg


DSCF2255.jpg


DSCF0015_201701291849523f4.jpg


DSCF2287.jpg


DSCF2164.jpg


パラオのタクシードライバー カイイチさん曰く

PPR、いちばん 高い 

って言ってました。


しかし、日本人スタッフもいっぱいいて
日本語だけでも全然OKな上に、南国な気分を味わいたい方には、ぴったりなホテル

これからハネムーンの予定がある方は、オススメなホテルでした。

あと
ロックアイランドカンパニーのツアーで、ミルキーウェイとペリリュー島観光では
帰りもPPRに直行してくれたので、楽ですよぉ

パラオに行ってみた① 『カープレストラン』 パラオ国コロール


伝説が未来を切りひらき
そして、壮大な旅はつづく

サンキュウボウヤです。


年末年始は、パラオに行ってみた。

DSCF2084.jpg

青い海。青い空。

近くで低気圧が発生していて
中の上くらいの揺れの中、パラオの空港へ着陸。


パラオは、第一次世界大戦から第二次世界大戦まで、
日本が統治していたそうです。

そして、とても親日な国です。


っという事で、
カープレストランに来てみた。

その建物は、
パラオロイヤルリゾートの施設の一部かと思い。
探し歩くこと1時間。

やっぱり、その隣接する建物だったという事で

カープレストランに入ってみた。
DSCF2240-1.jpg


地元の人もよく来るという店の内装は、
サムライキャット好みな雰囲気

DSCF2244-1.jpg


メニューを開いてみた
DSCF2247-1.jpg


むむ。ここは日本か?
DSCF2249-1.jpg


メニューのラインナップに思わず手が震える
DSCF2248-1.jpg


お正月という事で、おしること、黒豆と昆布の何かが出てきた
DSCF2253-1.jpg


DSCF2254-1.jpg


おしるこは、ジャパンクウォリティだった
DSCF2272-1.jpg
美味い


っということで、カツカレーが来た
DSCF2260-1.jpg

なぜか、ルーの入った小皿がある。
足りなかったら掛けて食べてという事か。

カツはこんな感じ
DSCF2263-1.jpg

割と薄味なカツカレーでした。
8ドルなのに、2人前のボリュームがあり、食べきれませんでした。


嫁さんの頼んだパパイアのサラダ
DSCF2255-1.jpg

これも量が多い


パラオならではの食べ物
シャコ貝のお刺身
DSCF2257-1.jpg

テンコ盛りのワサビは、刺激の少ないタイプだから、いっぱい使って大丈夫。

大味な感じ


そして、スープがやってまいりました。

 DSCF2264-1.jpg


んぅ~
なんのスープかよく見えないので、具を取り出してみよう
DSCF2266-1.jpg


パラオ名物、こうもりのスープでした。
DSCF2267-1.jpg


別アングルから
DSCF2268-1.jpg


恐る恐る、食してみる
DSCF2270-1.jpg

なんでだろう、変な汗出てきた

うん。ワイルドな味の鳥って感じ


「こんな動物の死体なんて食べるなんて最低じゃない。人間のすることじゃないわ」
って、ナディアに怒られそうです。

こうもりスープをはじめ
カープレストランは、他の店に比べて安いみたい。

DSCF2274-1.jpg

パラオに来たら
ぜひ、行ってみてください。カープレストランへ

DSCF2273-1.jpg




ホテルまでのタクシーは
演歌を歌うドライバー、カイイチさんのタクシーでした。
DSCF2275-1.jpg

カープレストランに、カイイチさんのタクシーと
パラオが凄く親日である事を実感した日でした。


ファンカーゴ懐かしい




冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ