FC2ブログ

シエンタとスペイドにチャイルドシートとベビーカーを載せてみた


あなたの生活に密着する
八戸モータース サンキュウボウヤです。

普段、回転式チャイルドシートを搭載している、フィット(GE6)
DSCF5168.jpg

コンパクトカーの中でも広いと思われるフィットだけど後席は意外と狭い
DSCF5169.jpg

前後の幅が狭いみたい。
一番安全と思われる運転席後ろに設置すると、
運転席を前に出さないといけなくて、少し窮屈な感じになります。

取付、取り外しの簡単な
ISOFIX(アイソフィックス)のチャイルドシートにしてヴィッツ(NSP130)と入れ替えがしやすくしたのだけど
DSCF5172.jpg

取り出す時が大変。ヴィッツ(NSP130)のほうが、リアドアが大きく後席と前席の感覚があるため
ヴィッツのほうが取り出しも設置もしやすかったりする。
もちろん、後ろの荷物スペースはフィットのほうが圧倒的に広いんですけどね。

チャイルドシートの設置するのに、適したクルマってなんだろう?
っという事で、トヨタ『シエンタ』と『スペイド』を比べてみた。
DSCF5197_20180722223345836.jpg


まずは『シエンタ』
DSCF5174.jpg
設置も、設置後の運転席との距離も余裕がありました。

が、しかし、3列目も使うとなると、ベビーカーの収納に困りました。
DSCF5182.jpg

シエンタは、全長4235㎜というコンパクトなボディに、3列シートをなんとか詰め込んだクルマなので
使い勝手としては、スライドドアの開口部が広いところ以外はフィットやヴィッツと、あまり変わらないかな
っという印象。


次は『スペイド』  ちなみにカローラ店、ネッツ店だとスペイド。トヨタ店、トヨペット店だと『ポルテ』で
フロントのデザインが違うだけの兄弟車です。

すごく大きなスライドドアです。
DSCF5391_201807222245293ff.jpg

チャイルドシートを設置
DSCF5209.jpg
シエンタよりも、さらに余裕のある感じ


ここを見たまえ
DSCF5188.jpg
シートを床面と固定するバーが、座面ギリギリのところになっている。
後席の座面が、大きいということですね。

後席の居住性は、かなり快適な印象。


スライドドア部分の床面がかなり低く、助手席をいっぱいに前にスライドさせると
DSCF5191.jpg
ベビーカーが、子供を載せたまま載せることが出来ます。
急な雨などが降っても、ベビーカーごとクルマに乗ることが出来ちゃいます。

荷物スペースも、ベビーカーを余裕で載せることが出来ます。
DSCF5214.jpg


運転席周りの収納が圧倒的な豊富さ
DSCF5219.jpg


っということで、広々ミラクルボックス トヨタ『スペイド』特集でした。
DSCF5398_20180722230040fe1.jpg


『ポルテ』&『スペイド』は、チャイルドシートやベビーカーを使う
ユーザーにとって、とても良く出来たクルマっていう事が判りました。

が、しかし 発売から6年以上がたち、 モデル末期の絶滅危惧種なのだった。


プリウス ピー エイチ ブイッ


試してPHV!
試したよ PHV!

サンキュウボウヤです。


2代目プリウスPHVに乗ってみました。
DSCF3282.jpg



お決まりの、燃費テスト
八戸―北上間を走ってみましたよ。


しかし。。。。


道の駅や、コンビニにある、急速充電スポットを活用し走ってみたら。

DSCF3346_20170708142655a7f.jpg

DSCF3347.jpg

八戸を出てから、一滴のガソリンも使わず走行完了・・・



んで、ガソリン使うのと、電気使うのどっちが安いのってところで


「NCS」合同会社日本充電サービスの急速充電を使うとなると

月額4200(税抜)の基本料+(急速)15円/分 or (普通)2.5円/分

今回は、3回充電して、合計約60分 (うち1回は無料の充電スポットでしたが)
っということで、無料のとこも、有料だったと換算すると
900円


えぇ この前、ノーマルプリウスでの燃料代は
レギュラーガソリン単価130円だとして
5.5L給油で 715円。 


むむむw



プリウスPHVは、燃料代をケチって走るクルマじゃないって事ですね。


プリウスPHVの魅力とは!?


4代目プリウス(FF)の燃費を図ってみた。


辿り着くべくして、次の頂点へ
サンキュウボウヤです。

4代目プリウスの前輪駆動車の燃費を図ってみた。

プリウスFFvs4WD

計測条件

新型プリウス FF車 4月にエアコンON 前席送風 温度設定25℃ドライブモード エコで計測

比較車1 アクア FF車 6月にエアコンOFF 送風OFF ドライブモード エコで計測
比較車2 新型プリウス4WD 12月にエアコンOFF 前席のみ送風 温度設定25℃ ドライブモード エコ スタッドレスタイヤで計測


出だしは、新型プリウス4WDとアクアがなかなかいい勝負!


しかし、
小鳥谷から国道4号線と国道281号線の交点までの区間で
トラックと低速車追い越しのためフル加速を行ったせいか、
その区間で燃費の悪化が、最後まで引っ張って
アクアよりもわずかに低い燃費。

しかし、盛岡から北上の平たん路では、ジワジワと燃費を伸ばした。

バイパス区間では、
アクアがハイブリッドバッテリーをすぐに消耗し充電のためエンジンがかかるのに対し
新型プリウスは、電気への回生量が多いのか、いい感じにEVモードを多用して走れました。
4WDは12月計測で、暖房のために燃費が伸びなかったようですね。

DSCF2700_2017042522143682f.jpg
長い平たん路では、ハイブリッドバッテリー切れとの闘いだったが、
バッテリー容量とモーターの大きいプリウスは、EVを多用したハイブリッドカーらしい走りが長続きする。



一般道に引き続き、高速道の計測

東北自動車道 北上江釣子インターから八戸インターを降りて市内のガソリンスタンドまでの計測

プリウスFFは、重量で有利なアクアを圧倒!!
特に80㎞/h区間では、グングン燃費を伸ばしていきました。

プリウス4WDは、ドライバーが悪いせいか、出だしであまり燃費を出せませんでしたが
最終的に、アクアに追いつく燃費をたたき出しました。


DSCF2815_20170425221848c81.jpg

北上江釣子インターチェンジから岩手山サービスエリアまで
ほとんどが最高速度100㎞/hで、交通量も多く、
前を走る車両で詰まって減速と追い越しの加速の繰り返しが多い

この区間は、先代のプリウスと、燃費はあまり変わらない



DSCF2841.jpg

岩手山サービスエリアから山岳路を進む。
八戸インターチェンジを降りて市内のサービスエリアまでは
34.7㎞/Lと圧倒的燃費性能をたたき出した!

これは、交通量が少なく、クルーズコントロールを使い安定して80㎞/h走行が出来るからだろう。


北上から秋田市までドライブし、また北上まで戻ってきたが
燃費を意識した訳ではないが30㎞/Lを簡単に超えていた。
DSCF2793_201704252228246c6.jpg


さすが、プリウスっという印象。


走行性能も高くて、カーブの多い山岳路も余裕!
そして、乗り心地もかなり向上してきた4代目プリウス
自動ブレーキ制御付きクルーズコントロールで、高速道路も楽して燃費をたたき出せる。

正直、もう旧型プリウスなんて乗る気しないよ・・・

それくらい、性能向上してるのに、
あまり消費者には伝わっていないような気がするのが残念ですよねぇ~



そうそう、
いつもの峠道をガッツリ攻めたら、こんな感じだったよ
DSCF2914.jpg
14km/L(笑)

テーマ : 燃費
ジャンル : 車・バイク

『スバル WRX S4』に試乗してみた。


この喜びは、
大人にしかわからない
八戸モータース サンキュウボウヤです。


スバル WRX S4に試乗してきました。

トヨタのアルテッツアって、クルマのカタログに
『95%の日常と、5%の非日常』ってキャッチコピーあったけど
そんな感じ


20160124_3829.jpg


全長が4,595㎜と、トヨタのプレミオ/アリオンと同じ全長

スポーツセダンを売りにする、スカイライン、マークX、アテンザが4800㎜近くという事を考えると
コンパクトなボディ

それでいて、車両重量は、1,500㎏近くと、プレミオ/アリオンの4WDより200㎏ぐらい重い。
どんだけ中身詰まってるんだ!


エンジンルーム
20160124_3826.jpg

エンジンは、2000㏄+ターボで
最高出力は、300馬力(221kW)を5600rpmで
最大トルクは、40.8kg・m 400N・mを2800rpm-4000rpmで発生させる

それをCVTと4輪駆動で走らせる。

ちなみにMT仕様はWRX STIというモデルになるそう。


【試乗した感想】
この手のスポーツタイプだと
CVTってどうなのかな?って思うところがありますが

むしろ、60km/hや100km/hまでの瞬間的に加速してしまうので
2ペダルMTや多段ATより、ダイナミックな加速感があって、良い感じ

CVTで疑似的に再現したマニュアルモードが、
パドルシフトのみで操作になるけど

個人的に、シフトレバーで操作したいかな
って、だったらマニュアル車にすればいいだけの話だけどね


あれ?エンジンオイルのフィルターが上にあった(たいていエンジンの下にある)
20160124_3828.jpg
整備性も考慮されてるのかな?


スポーティなシート
20160124_3824.jpg


245/40R18のスタッドレスタイヤ高そう!!(標準タイヤは、225/45R18)
20160124_3832.jpg
奥にチラっと見える黄色いのは、ビルシュタインのダンパーがいいね!
(2.0GT-Sというグレードに装備されている模様)

【試乗した印象】
サスペンションは、やはり硬い
でも、この後に試乗したレボォーグの18インチと比べて
段差を乗り越えた時の収まりがすごく良くて

いやぁ なかなか良く出来た足だなぁって再認識!!

走り好きだったら、この足 最高だなって感じるでしょうねぇ~


メーターは、こんな感じ
20160124_3821.jpg

むむ


280km/hまで刻まれた速度メーター。
20160124_3822.jpg
でも180km/hでリミッターかかるそうです。


【まとめ】
スポーツセダンっていうと敷居が高そうに感じるけど
視界が良くて運転しやすいし、CVTで街乗りも滑らかに走る事が出来る

そして、加速モードをS♯モードにすると
300馬力の、どっかんな加速力も気軽に楽しめる

M社のAやT社のXに比べると
手の内に入る感じが、とてもいいね!

ステップワゴンを見てきた


ステップワゴンで何しよう
サンキュウボウヤです。


去年、新しくなったステップワゴンを見てきた。

わくわくゲート こりゃ便利だねぇ

横開き&縦開き両方出来るから
狭い駐車場での乗り降りや荷物の取り出しは横開きで
アウトドアや大きい荷物の積み下ろしは縦開きでって感じで使えるね

20160103_3643.jpg

展示車を見るときは、とりあえず、
横開きのドアノブで、ドアの開け閉めを体感して欲しい

凄く気持ちが良い感じなのだ!!


3列目のシートが床下収納なんですね!
20160103_3644.jpg

荷室をいっぱいに使えます。

あと、パワースライドドアのドアノブも
ちょっとの力で開け閉めできる操作感
癖になりそう。
これも、試してみてね。

うむ
今回のステップワゴンは
ライバルのノア・ヴォクシー・セレナとは
一味違った内容で、面白いですね。


販売店で出てきたお菓子に
天皇皇后両陛下と書いてあって興奮するサンキュウボウヤだった
20160103_3642.jpg
冬が来る。
MRS20150322
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
まいどっ